· 

協和ゴルフクラブ in 2018・猛暑

【協和ゴルフゴルフ】ノーポーターデーとは

クラブハウスに着いた時、従業員さんやキャディさんが私達を出迎えてくれて、キャリーバックとゴルフバック等を受け取ってくれる方が、居たはれへんので、荷物は自分でマスター室近くにキャリーバック置き場が用意されていますので、そこまで、自分で運ぶことと、プレー終了後はクラブの掃除はしてくれへんので、自分でクラブを掃除して、キャリーバックを自分で玄関脇の置き場に置いて鍵をかけて、その鍵を持ってロッカー室に持っていき、風呂に入って終了後精算し、その鍵でキャリーバックを取り出し、自分の車へと・・・

 

要するに、ゴルフ場に着いた時と帰る時のキャリーバック等の持ち運びはすべて自分で行うということです。

 

■プレー終了後のクラブ確認・清掃は行いませんのでご了承下さいませ。※クラブ清掃については、ご自身にて清掃の出来る専用エリアを設置致しておりますのでご利用下さいませ。

■ゴルフバックの受け渡しについては鍵付きバックスタンドの設置により鍵をお渡し致しますので、ご貴重品同様大切に保管して下さいませ。(紛失及び盗難による責任は負いかねます)

以上、十分ご了解の上ご利用下さいませ。(ゴルフ場からのお願い事です)

その分、プレー費が安くなっています。

 

ただし、月曜日・金曜日の平日限定で昼食付きです。 が・・・・ほとんどのメニューに追加料金が必要です。

 

今回はノーポーターデーの月曜日にプレーしました。

 

この日はゴルフ場に心地よい風が通り、暑い猛暑の中プレーが楽しめました。

プレー費は安い設定だけど、コースは良く整備されています。

ホール毎に難易度に差があり、決して簡単なコースじゃありません、パットの上手い方は高スコア間違いなしです。

 

唯一残念なのはティーグラウンドの人工芝。厳しいゴルフ場の事情があるので致し方ないようにも思いますが・・・何年かすれば自然芝と馴染んで来る感じは受けましたよね。 想像ですけど・・

見た目より距離はなく、また、フェアウェイも狭くないので、比較的優しいコースに年々変身しています。

上級者の方には、お勧めできません。

 

バンカーも砂が余り入っておらず注意が必要ですが、異常に固いとは思いませんでした。

ガードバンカーの砂の確認だけは忘れたら、ホームラン覚悟しておいて下さい。

ただ、グリーンはボール跡が直されていないところも多少ありました。

皆さん、自分でこしらえたボール跡は直しておきたいものですよね。

アコーディアに変わってからは、木々も多数切られ、易しさに重きがおかれている感じがして、この先は・・・・チョット疑問符?

特にグリーンのスピードが控えめなので、しっかり打てればパット名手に勘違いしそうなグリーンです。

 


【協和ゴルフクラブ】4番ホール

PAR 4のミドルホール 387ヤード HDCP 1

 

ハンディ1の難しいホール、フェアウェイが右に傾斜している打ち下ろしホール、ティショットは左目から。セカンドはつま先下がりになるのでグリーン左サイドを狙って。と楽天のコースガイドに紹介されています。

 

ティショットはやや左目のFWで上出来、2打目がバンカーのやや右に行き、3打めがバンカー越しのピンが手前だったので、ロブショットに挑戦、グリーンオンしたが少し大きかったので、グリーン奥にこぼれ、そこから、悪の始まりでした。


寄せには自信がありましたが、今回グリーン側で行って来いをやり、結局7ツオンの2パットのトリップルボギーでした。

 


【協和ゴルフクラブ】ガードバンカー

バンカーはクラブヘッドがボールの下にいかないとダメですよね

実際にボールのある部分の砂が薄いかどうかは打ってみないとわからないわけですから「砂が薄い」と決めつけて打つことはしないほうが良いと思います。

「砂が薄い」かどうかの確認は絶対に必要です。

 

まずしっかり左手を握る。砂に入れるときバンスを跳ねないようにするためです。

バンスでクラブが跳ねるのだけは注意しましょう。

フェイスをあまり開かずにスクエアに構えるて刃のほうから入れていきます。

アプローチ感覚で打つのが最も好結果があると思います。

砂の少ないバンカーはアゴにぶつけて無理矢理出す方法もあります。

ボールだけをうまく拾えればアプローチと同じ感覚で打てますよね。

「砂の薄いガードバンカー」はクリーンにソフトに振りぬく。ですよね。

 

スポンサーリンク