セットアップの会

オータニにしきカントリークラブ

in 兵庫県・丹波篠山

「オータニにしきカントリークラブ」

 

 

ゴルフ初心者から

  アベレージゴルファーから

上級者の方まで

 楽しんでプレーできるコースで

素晴らしいゴルフ場ですよね。

 

プレー費はコースからは

考えられないくらい!

リーズナブルな料金設定に

なっています。

 

 すごく良心的ですよね。

 

 女子プロ東西対抗をはじめ、

全日本学生、

 全日本女子学生、

関西オープン、

兵庫県オープン、

関西プロシニア、

インタークラブ

 決勝などが開催され、

プロやアマのトッププレーヤーたちの

間でも

 

 

大人気のゴルフ場ですよ!

 

  特に 

「しゃくなげ」 

コースは距離も幅もたっぷりのタフな

造りで知られており、

  上級者でも攻略は容易ではないと

恐れらています。

 

  中には池やクリークが絡むホールもあれば、

バンカーの配置も巧妙です。

 

 もちろん、シニアや女性も

充分楽しめるように

配慮したレイアウトになっていますので

  ご安心下さい!  

スポンサーリンク

「オータニにしきカントリークラブ」

 

所在地

669-2704 兵庫県篠山市遠方119-1

 

連絡先

TEL:0795-92-0331

FAX:0795-92-0335

 

開場日

1975(昭和50)年8月31日

 

コースは「しゃくなげ」と「まゆみ」

36ホール パー144

ベントの1グリーン

 

 

プレーは電磁誘導式カート使用で

楽々プレー!

 

 

多紀連山県立自然公園内の最高峰御嶽 (兵庫県)

の山懐に位置する

丹波篠山路にたたずむ、

36ホールの大型コースです。

 

 

アクセス

 

大阪市内から阪神高速道路、

中国自動車道、

舞鶴自動車道を経由して約70分。

 

丹波篠山口IC下車、

一般道を約20分でコースに

到着します。

 

京都方面から

京丹波みずほIC下車

一般道を約15分でコースに

到着します。


「オータニにしきカントリークラブ」

 

 

 

「しゃくなげ」コース

 

距離も幅もたっぷりの磨き抜かれた

タフな造りで知られ、 

初心者から上級者まで、

ご自分のスタイルで

お楽しめるコースです。

 

フェアウェーも綺麗です。

 

どのホールも異なった特徴を持つため、

それぞれに対応した戦略が

必要になってきます。

 

コースは、

打ち下ろしや打ち上げがあって・・

なかなか面白い・・!

 

特に打ち上げは

見た目より大きいクラブを持たないと

届来ません・・・!

 

「距離のカン」

が欠かせません。

 

 

ラフも深い所では、

大きなクラブは使えません。

 

コース攻略の最大のポイントは

アプローチの精度です!

 

全体的に砲台グリーンが多く、

周りにはバンカーやグラスバンカーが

配置されているため、

プレーヤーが持つボールコントロールの

スキルが最大限に試される。

 

コース設定になっていますよね。

 

グリーンは硬くて速い♪

「オオタニにしきカントリークラブ」

 

 

 

まゆみコース

 

は戦略性の高い

「柔のまゆみ」

と言われています!

 

 トリッキーで距離も短かめですが、

リーズナブルで楽しめます。

 

スケールではしゃくなげコースに劣りますが、

ウォーターハザードが新設され、

戦略的なおもしろさは

 

遜色がないという声が多いですよ。

 

グリーンもベント化、等で

一段と戦略性をアップし、

 魅力的なコースとなりました。

 

「しゃくなげ」に比べると

スケールこそ下回るが

 随所にウォーターハザードが

絡み攻めるか

守りの決断をプレーヤーに迫る

レイアウトのしたたかさは

あきを感じさせないコースです。

 

丹波篠山にたたずむ

名門コースです。

画像はウィキペディアHPより

 

 「オータニにしき

 

 

カントリークラブ」

 

 

 

今はね。

 

雲海といえば天空の城 

 

「竹田城址」

 

 が有名ですが秋から冬にかけては篠山市も

盆地特有の濃い霧が発生する日が多く、

 低い山(盃ヶ岳)からでも眺められる雲海

丹波霧」 とも呼ばれ名物にもなっています。

 

盃(さかずき)をひっくり返したような山の形がその名の由来だそうです。

 地元では盃山と呼ばれています。

 

 

関西の100名山にも選定される三岳(793m)、

 小金ヶ嶽(725m)などの多紀連山の最前方の、

 篠山盆地を見下す位置にあり秋季から初冬にかけては

篠山盆地にかかる

 朝霧(丹波霧)が形成する雲海を

観察できるようです。

 

 地元以外の方で見るのは難しそうに

感じましたよね!

 

 できたら見たいものですね。

スポンサーリンク