セットアップの会

「花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース」

in 兵庫県・三木市

「スタジオアリス女子オープン」

 

2005年より、4月の第1週~第2週にかけて

行われている、

日本女子プロゴルフ協会公認の

女子プロゴルフトーナメントの

1つを開催されているコースが

「花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース」

です。

 

株式会社スタジオアリスは

 

七五三、卒園・卒業、入園・入学、

お宮参り、百日祝い(お食い初め)の

記念写真撮影なら、

スタジオアリスは、

いつでも撮れる

「こども専門写真館」

です。

 

お子様の衣装も用意されているので、

非常に便利ですよね。

 

 

スタジオアリス女子オープン 

歴代の優勝者一覧

 

2005年 第1回 服部道子

2006年 第2回 李知姫

2007年 第3回 裵宰希(ペ・ジェヒ)

2008年 第4回 辛炫周(シン・ヒョンジュ)

2009年 第5回 横峯さくら

2010年 第6回 有村智恵

2011年 東北地方太平洋沖地震の影響で中止

2012年 第7回 佐伯三貴

2013年 第8回  金ナリ

2014年 第9回 リ・エスド

2015年 第10回 成田美寿々

2016年 第11回 菊地絵理香

 

賞金総額 6000万円

優勝賞金 1080万円

競技方法はストロークプレー

画像は三木市のHPより

 

「花屋敷ゴルフクラブ 

よかわコース」

 

 

兵庫県三木市に所在する

ゴルフ場ですよ

 

歴史上よく聞く名前ですよね!

 

特に、NHKの大河ドラマでは!

 

最近では、「黒田 官兵衛」

を題材にしたドラマも放映されていましたよね! 

 秀吉には2人の「軍師」 

半兵衛と官兵衛がアドバイスしたそうですよ!

 

 

青木功プロには、中居勤蔵さん。

 ジャンボ尾崎将司プロには、

佐野木計至さんという

 

「軍師」

が感性でアドバイスしていたそうですよ。

 

 

約400年後の今でも

「軍師」必要なんですよね!

 

 

三木市には、

竹中半兵衛の墓」

のお墓があるそうですよ。

 

半兵衛は美濃(岐阜県)出身の兵法家で、

秀吉の片腕として活躍しました。

 三木城攻防戦の最中、

平井山の陣中で病死しました。

 

本営のあった山に続いた

ぶどう畑のまん中の、

白い練りべいに囲まれて墓があります。

 

半兵衛の墓は、

志染町安福田にもあります。

 

柴秀吉が三木合戦で播磨に

出陣したときには、

世にもまれといわれた二人の軍師を

平井山の本営において、

周到な作戦にあたらせていた。

 

一人はもとの小寺官兵衛で、

秀吉が播磨へ一歩を印したとき、

みずからの居城、

姫路城本丸を提供した

黒田孝高(この方が通称黒田 官兵衛)

 

ほかの一人は美濃 (岐阜県)出身で、

織田信長のはからいによって秀吉に属し、

 近江長浜城などにあって主従を超えた

友情に結ばれてきた

竹中半兵衛重治であった。

 

三木城攻防戦がたけなわのころ、

竹中半兵衛は胸を病んでいた。

 

秀吉のすすめで

京都に移って療養していたが、

 

折からはかばかしく進展しない戦況を

案ずるあまり、

 

カゴにのって戦場へ逆もどり。

 夜半に本営にのりつけた。

 

「なぜ、帰ってきたのだ。」

と問う秀吉にやせこけたホオに

不敵な笑みを浮かべて、

 

「陣中で死にたかったまででござる」

 

くらやみのなかでキラリと目を

輝かせたという。

 天正7年6月、

半兵衛は陣中でなくなった。

 36歳であった。

 

秀吉は遺体にとりすがり、

人前もはばからず泣きくずれたという。

 本営のあった山に続いたぶどう畑のまん中。

 

白い練りべいに囲まれて、

半兵衛の墓がある。

 

作家司馬遼太郎のベストセラー

「播磨灘物語」

にその時の様子がくわしく書かれている。

 

半兵衛の墓は平井山東南の山麓にある。

 志染町安福田にもあるが、

あまり知られていない。

 

三木市のHPより参照しました。

 

三木市のHPは

http://www.city.miki.lg.jp/i

スンクポンサーリ

「花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース」 

 

 

2005年からスタジオアリス女子オープンが

開催されていいます。

 

今年で11回目の開催で、

日本の女子プロ 

菊池絵理香選手が優勝されました。

 

 さすがにトーナメントを開催されているコースは

違いますよね!

 キャディーさんの対応は非常に素晴らしく、

ゴルフ場の細かい所まで

 知ったはります。 スゴイですよ!

 

 

女子プロにアドバイスするには当たりまえかも

知れませんよね。

 コースや設備に関しては

申し分ありません。

 

ツアーコースらしく非常に難しく、

コースはかなり整っており

 さすがに良いゴルフ場ですよ。

 

 距離もありフェアウェイも広く

戦略性もあり、

コースメンテも良く非常に

楽しめるコースです。

 

1打目の狙いどころが狭くセカンドでグリーンが

見えない難しさ、

 更にグリーンが見た目以上に

切れるなど、

 狙いどころを考えて打たないと

組み立てができません。

 

 前だけ向いて打っていたら

ダメです。

 何か、池に惑わされて池で終わった

感じがします。

 

 トータル的にはアマチュアはチョットてこずる

コースですよ。

 

特に名物の

 18Hは池ゆえに考えてコースを廻れる人は

楽しいと思います。

 

 18番ホールの2打目は勇気が試されます。

 

意外にもアップダウンがあ距離も長く、

さらにグリーン面も小さく砲台で難しい

 

味のあるコースですよ。

 

自分のゴルフの技量を確認するには、

とっても面白いコースですよ!

「花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース」

 

名物ホール18番

 

2016年12月17日にプレーしてきました。

フロントからのプレーです。

 

距離は378ヤード

1打目はドライバーでFWのやや右目、

残りピンまで175ヤードと

キャディさんが残り175ヤード、

ピンまで。

 

U33番で池超えの2打目挑戦!

 

ところが2打目は残念ながら砲台グリーン

手前のラフ。

そこからグリーン奥に外し寄せワンの

ボギーでした。

 

緊張しながらのゴルフは

楽しいものですよね。

スポンサーリンク