名神八日市カントリー倶楽部

セットアップの会

「名神八日市カントリー倶楽部の概要」

 

滋賀県東近江市石塔町983-150

TEL:0748-55-1122 

FAX:0748-55-1120

 

1965年10月1日 開場

滋賀県3番目に誕生した歴史あるゴルフ場です。

 

フラットな丘陵コース

比叡コース・鈴鹿コース・伊吹コース

27ホール パー108

戦略性に富む全27 ホール。 

 

設計者 相馬正胤

関東の名門コース、

日高CC(埼玉県)も手がけている

植物学者、相馬正胤

(兄は、日本初のベント芝を開発した相馬孟胤)。

 

樹齢を重ねた赤松で各ホールは

セパレートされフラットながらも

  緩やかな起伏があります。

 

  フェアウェイも広く松林に囲まれた27ホールは

格調と落ち着きがあり

グリーンやグリーン周りなど面白いコース設計

になっていて美しいコースです。

 

スポンサーリンク

「名神八日市カントリー倶楽部」

コース紹介

 

今回は比叡コース~鈴鹿コースを

予約していましたが

大きなコンペが入っていて進行が

遅れているので

鈴鹿コース~伊吹コースに

変更以来が来ましたが

前回、プレーしているので変更は

拒否しました。

 

鈴鹿コース~比叡コース

でプレーする事になりました。

 

鈴鹿コース

 

各ホールとも松林にセパレートされており、

自然の地形にレイアウトされたコース。

 

距離のある1番パー4、

2番3番はロングホールを

続けてのプレー!

パー5のロングを

連続プレーしたゴルフ場は

初めての経験!

チョットビックリ。

 

そしてこのロングの二ホールの罠か

実力知りませんが

大叩きしてしまいました。

 

フェアウェイが広く

思い切り打てるホールが多いのが

良いですよね。

 

7番のティショットは

落下地点に正確に打てる技術が

必要なコースです。

 

 

全体的にグリーン手前はバンカーは少なく、

花道も広くランニングで攻めやすいので

寄せワンのパーが狙えます。

 

 

 

 

 

比叡コース

 

フラットなホールが多いですが

適度なアンジュレーションがあり、

各ホールは松林に囲まれ

完全にセパレートされています。

 

フェアウェイも広いが、

緩やかなドッグレッグが4ホール、

立木のあるホールが2ホールあり

戦略性にも高いと思います。

 

ミドルホールは相対的に距離もあり

難易度が高いと感じましたよね。

 

8番の距離のないパー4は

サービスホールに見えますが

フェアウェイの左にボールが下がって

いくように作られており

その為い打ち上げて行くので

グリーンとグリーン周りが厳しいし

グリーンを囲むガードバンカーが

ミスすると吸い込まれるように

なっています。

 

ロングホールとショートホールを

上手く攻めるのが

スコアメイクの鍵となると

ゴルフ場のコース案内に

紹介されています。

 

スポンサーリンク