太平洋クラブ 六甲コース

画像はゴルフ場HPより

太平洋クラブ 六甲コース

 

「太平洋クラブ 六甲コース」は、

「ゴルフのまち」で「ゴルフ銀座」とも呼ばれる

兵庫県三木市にある「ゴルフ場」です。

クラブハウスは、薔薇の紋章で知られる英国のチューダー王朝をモデルに設計され、

重厚な雰囲気と格式の高さを感じさせてくれ抜群に高級感の溢れるクラブハウスです。

 

国内に17コースを持つ太平洋クラブのうちのひとつ太平洋クラブ六甲コースは、

1975年10月17日に開場しました。

自然豊かな風景に囲まれ、フラットなフェアウェイが目の前にドーント広がります。

 

フラットでフェアウェイが広く距離もたっぷりあり、

 

ダイナミックなゴルフが楽しめるコースですよ!

 

関西地区のゴルフ場は狭く打ち下ろし打ち上げのイメージを一新するほど

フェアウェイは広く長いホールが多く、伸び伸びとプレーできます。

 

グリーンには随所に微妙なアンジュレーションが設けられ、難易度も高い。

池の配置とグリーンがほど良くマッチした

7番と18番ホールは、景観の素晴らしさと卓越した戦略性を有し、

挑戦意欲をかき立てますよ。

 

 

日本のプロの中で最も多くの世界のメジャートーナメントに出場している

「ジャンボ尾崎プロ」が指摘するように戦略性は高く、油断はなりません。

自らの経験を踏まえて語ったものだけに、重みがありますよね。

 

1997年に開催された男子プロの

「三菱ギャラントーナメント」では、

優勝した「ジャンボ尾崎プロ」を感嘆させたコースとして有名ですよね。

 

特に18番ホールは「ジャンボ尾崎」から日本一のミドルホールとの高い評価を得た。 

 

日本に、ここの18番ホールのようなホールがもっとあれば、

日本のプロのレベルは確実に上がる。

 

と、コメントが残されています。

 

「太平洋クラブ 六甲コース」はトーナメント開催コースです。

過去には

1983 日米対抗ゴルフ

1997 三菱ギャラントーナメント

2002 日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯

が開催されています。

 

 

 

「 太平洋クラブ 六甲コース」の名物ホールとしてあげられるのは、

インの最終18番ホールです。

 

ミドルホールでありながら、3つの池を懐に抱くようにと左ドッグレッグしている

コースレイアウトが、ホールアウトを目前にするプレーヤーを悩ませるのです。

437ヤード(レギュラーからは361ヤード)の長いパー4で、

正確なロングドライブを放たない限り、

第2打でグリーンを捕らえるのは非常に難しくなります。

 

まさに、チャンピピオンシップコースにふさわしい最終ホールといえます。

 

 

その当時から国内トップレベルを誇るメンテナンスは、

コースを常に最高の状態に保っています。

「太平洋クラブ 六甲コース]で、

日本屈指の難関コースを攻略する醍醐味を味わってみませんか!

難しいけど、楽しいですよ!

スポンサーリンク


画像はゴルフ場のHPより


画像はゴルフ場のHPより

画像はゴルフ場のHPより


「太平洋クラブ 六甲コース」

 

 

「太平洋クラブ」の運営会社は今は変わっていいます。

 

そのために、六甲コースも以前に比べて、少し違和感があります。

 

残念ですが、時の流れで仕方がないようです。

 

 

男子プロのゴルフ界の凋落も激しく、青木功プロの手腕にゆだねられていますが

 

大変です。

 

ジャンボ尾崎プロ(尾崎将司プロ) 青木功プロ 中島常幸プロが活躍した時代が

 

懐かしい! 限りですよね。

 

 

石川 遼プロ! 

 

PGAでよく頑張ったので、アメリカのツアーは卒業して

 

日本のゴルフ界のために尽力お願いしますよ。

 

こんな素晴らしいゴルフが日本から薄れていくのは見たくありません。

 

 

ところで

 

「太平洋クラブ 六甲コース」は高級な雰囲気が漂うコースです。

 

どのホールもフェアウェイが広く、景観の美しさに圧倒されますよね!

 

FWは広いのですが、外すと深いラフ待ち構えていて、入れるとボールを探すのが

 

大変です。

 

池やバンカーも適度に配置されており、番手を間違えるとバンカーに掴まるのし

 

グリーン周りのバンカーや池もかなり効いていると思います。

 

なかなか考えさせられるコースで「絵」になる美しいコースですよ!

 

 

最近では、セルフプレーも採用されており

 

グリーン上のボールマークの始末が悪く凸凹が目立ちました。

 

チョット残念ですよね。

 

自分で作ったボールマークぐらいは治せるマナーを身につけてほしものですよね。

 

 

 

スタート前の練習の環境が抜群です。

 

 

練習場には、230ヤードのドライビングレンジが15打席と練習用バンカー、

 

アプローチグリーン、パッティンググリーンがある。

 

特に練習用バンカーにはアゴの高いバンカーも作られており、

 

コースさながらに充実した練習が可能です。

 

 

経営母体が変わってからは、ゴルフ場の雰囲気が変わった様に思いますが

 

私だけでしょうか?

スポンサーリンク