亀岡カントリークラブ

 画像はゴルフ場より

 

「亀岡カントリークラブ」

 

 

 古都、京都市の西隣に位置する亀岡市東別院町神原の

竜尾山(りゅうびさん)山頂付近に

1975(昭和50年)年7月14日開場

町田義雄氏設計の適度なアップダウンのある林間コースです。

 

町田義雄氏設計のコースは

「泉佐野カントリークラブ」

「山の原ゴルフクラブ」

を設計されています。

 

澄んだ空気、柔らかな陽光の中、雄大な

「亀岡カントリークラブ」

であなたのショットが煌めきます。

 

 

「亀岡カントリークラブ」

 

四季と共に古都京都の奥座敷。

亀岡に歴史と伝統のパノラマが拓けています。

 

竜尾山(りゅうびさん標高412.4メートルの頂上付近に造られています。

大阪平野を流れる安威川などの源流地。

東麓から北麓にかけて京都縦貫自動車道が通り

天岡山トンネルが貫いております。

 

山頂付近の「亀岡カントリークラブ」に隣接して

ハンググライダーの滑走路があり、

滑走路からは西方に視界が開け、

亀岡市を眼下に見下ろすことができ、

遠くは「半国山」や「大江山」の頂きが望めます。

 

さらに、秋口からの霧が深い日には、眼下一面の丹波霧の雲海が開けます。

 

条件さえ整えば丹波霧の雲海に加えて、

「ブロッケン現象」

を観察することもできます。

 

条件としては、

「比較的高い位置まで霧が漂っていること」

「上空に雲がなく、よく晴れていること」

「背後から太陽光が照射され、霧上面のスクリーンに観察者の影が投影されること」

などです。

 

接する京都市とJR山陰本線・国道9号・京都縦貫自動車道などで結ばれ、

また大阪府とも隣接しており、京都市へは電車でも車でも約20分、

大阪市へは約1時間と、暮らしや経済はもちろん、観光にも便利なまちです。

 

東別院町からは

江戸時代にあって倹約を説き商人道を講じた「心学」の

「石田梅岩の生誕の地」です。 

 

「石田梅岩」

士農工商の身分制度で最下層に位置付けられ、

自信を失っていた商人達に商人の道を説き、

また、市場価格の変動や流通、経済の仕組みを見抜いて、

企業のあるべき姿を合理的に打ち立てた先駆者と言われています。

スポンサーリンク


画像は楽天GORAより

画像は楽天GORAより


亀岡カントリークラブ

 

クラブハウスにたどり着くまでの上り勾配はきついですよ。

勾配はちょっと強めで15%を超えるところもありと思います。

その代わりあとに絶景のご褒美がありますので、ゴルフが楽しめます。

 

「亀岡カントリークラブ」

山の頂上ながら、多量の土量を動かしたので、

フェアウェイは比較的フラットに仕上がっている。

 

池越えや谷越え、豪快な打ち下ろしなどのコースレイアウトが、

戦略性とともに面白味のある設計となっている。

 

コースの距離も長くて広いので

ドライバー好きの人には特におすすめできるコースです。

 

グリーンはベント芝の1グリーンで大きめです。

微妙な面白いグリーンです、読みすぎに注意が必要かも・・・・?

 

アウトは池越え、 谷越えのホールが多いので、

メンタル面のプレッシャーは多い。

3番は打ち下ろしのショートでオーバーはOB。

 

インは豪快な打ち下ろしのホールが多い。

14番は使用グリーンによりフェアウェイも違うので攻め方も変わります。

スポンサーリンク